プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かしまし ♯24 「強虫」


今回スポットが当てられたのは、とまり。

はずむの前では強くありたいと思うとまり。
けれど、それははずむを守れるという自信があったから、今までも守ってこれたから。
けれど、けれども現実は残酷で、運命は儚くて、手は届かない。

先月号と対比させた構成。
近くて遠い明日に希望を抱くやす菜、絶望に押しつぶされるとまり。

うまいなぁ、最近単行本買って第一話から通しで読んでみたけど凄いよ。
これは読んでおくべき漫画だと思う。あかほりアレルギーがある人にこそ読んで貰いたい。
物語の比重は桂遊生丸先生の感性が大部分を占めているので。
スポンサーサイト

テーマ:電撃系コミック・アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

かしまし ♯23 「コンサート」


なんかね、俺もういっぱいいっぱいです。今月号も切ねえ。
どうしても今までのように接することが出来ないとまり。傍観する他無いあゆき。
全てを受け入れて、残された時間を精一杯生きようとするはずむ。
扉絵もまた憎い。後ろを向いた喪服の登場人物。ひとり此方を見すえる真っ白なやす菜。
みんなが諦めかけているなかで、彼女だけは運命さえも変えられると信じている。
夕日や雲や雨や虹。何も無い空、青い空、月と星。遠くの緑に飽和した風景。
こういうのって振り返ると、立ち止まると気付くものなんだよねぇ。

ていうか今月の電撃大王、かしまし以外見るとこねぇ。よつばとも休みだし。
シノブ伝も終わっちゃったし、そろそろ購読をやめる時期かなぁ。


何となく気になっていること。
フルートってもう少し太くて長くない?
俺ってチビだからか、めいっぱい手を開かないとキィに指が届かないんだよね。
まぁ一時期試しに吹いてみただけだから確かなことは分からんけど。
でも気になって仕方が無いんだ。やす菜のフルート…、微妙に小さくね?

テーマ:かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ - ジャンル:アニメ・コミック

かしまし やす菜の立ち位置
yasuna.png


最近になってやっとやす菜の立ち位置が分かってきたよ。
男性を認識できないなんて「なんだこの百合娘は」と思っていたが、
これは身体的な認識障害の一つだと理解できた。失読症のようなものかな。
文字の意味が理解できないとか、ひらがなは読めるのに漢字は読めないとか。
やす菜は性同一性障害ではないみたいだから好きになるのは異性、
けれども異性を認識することはできない、これはつらいね。
それで、はずむが女性化することにより恋心を抱く異性がはっきりと見えるようになったわけだ。
今のはずむは認識できる同性でありながら、それと同時に恋心を抱ける異性でもある。
やす菜にとってはずむは、唯一無二の存在であるということ。
そりゃあ、ずっとずっと一緒にいたいって思うわな。
こうやって考えをまとめてから電撃大王4月号を読むと、やす菜の作り笑顔がなおいっそうに悲しい。

テーマ:かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ - ジャンル:アニメ・コミック

かしまし 秋はみじかいから…




わたくし、正直言ってあかほりさとるを嘗めておりました
オタク資本主義のブルジョアジーめ!と考えておりました

電撃大王4月号
かしまし

うわぁあ、なんだこりゃぁあ
二十歳過ぎたキモオタの俺を泣かすんじゃねえよぅ
はずむ切ねえよう
やす菜、とまり、明日太の思いやりが涙腺を刺激しまくるよぅ

チャンピオンのニナといい、アフタヌーンの笹荻といい、すずめすずなりといい
2月発売の漫画雑誌は俺の涙を枯らすつもりかっ!

追記 - 2006.03.07 -
かしましのすんばらしいストーリー構成は作画を担当している、桂 遊生丸氏のものらしい。
ゆめりあのコミカライズのときはそう注目してなかったのよね。
今後とも追っかけていきます!

テーマ:かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。