プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木々津克久 - 少年ルパンと奇妙な犯罪 -
劇的な展開は無く、犯人は一切登場せず、ビルの窓は2枚割れている。

誰も登れない、ビルの3階と4階の窓ガラスが割れている。

3階の窓に人影が浮かぶ、助けを求める、瀕死の幽霊が浮かぶ。

ビルが取り壊されるとき、見つかるものは、いったい何か?

悪意の存在だけを意識させてその加害者、憤りをぶつける対象を出さない。
やりきれない、陰鬱な気分だけが残される。

謎は至極単純なもの、それを解くことで得られるのは決して爽快感などではない。
解決などではない、起きた事象は覆らない、誰も戻っては来ない。

事故に、事件に、ハッピーエンドは無い、大団円は無い。


これはミステリーじゃない、ホラーだ。

大人顔負け!ルパンの名推理!!

アオリと内容が全然合っていない。

木々津先生には思わず頬が緩んでしまうような、そんな優しい漫画を描いていただきたいのだが。

マリーベルのような。
スポンサーサイト

テーマ: 週刊少年チャンピオン全般 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。