プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近のお気に入り新譜
Rascal Flatts
アメリカ本国では既にプラチナディスク達成。
米国音楽市場に脈々と受け継がれるカントリーポップの血。

4thアルバム「Me And My Gang」
カントリーのお約束はしっかりと残しながらも、そのメロディは鮮やかなポップミュージックに。
ペダルスティールの伸びやかな高音、フラットマンドリンの煌びやかな音色、湿り気を帯びたフィドルの心地よさ、甘やかなカントリーボーカル

カントリー初心者にもオススメ。映画挿入歌タイプの爽やかなカントリーポップから、濃ゆいカントリーまで完備です。

ついに邦盤も発売、日本に鳴り響けるかカントリーミュージック!


JET「SHINE ON」
お前らはー、ジェリーフィッシュかーっ!!

Tr.3「PUT YOUR MONEY WHERE YOUR MOUTH IS」のセクシーなファルセットは何?
Tr.4「BRING IT ON BACK」………お前は Roger Joseph Manning Jr かーっ!?
Tr.6「KINGS HORSES」 Jellyfish だ。これは完璧に Jellyfish だ。
Tr.7「SHINE ON」何故こんな曲が作れてしまったのだろう。
優しい、ひたすらに優しい歌声。あぁ、サビメロが美しい。

1stのスローナンバーから彼らもビートルズチルドレンなんだなーってのは分かりますよ。
(まぁ、JETって名前自体がWings(ポールマッカートニー)の代表曲だものね)
しかしガレージ系と称されながら、このバラードの充実。
脚光を浴びた新人ミュージシャンが本物かどうか判断されるのは、2ndアルバムの出来如何によってである。

JETは、本物だった。


THE FEELING「TWELVE STOPS AND HOME」
ここ最近出てきたポップバンドの中でも、特に完成されたサウンド。
ギター、ベース、ドラムの基本構成に打楽器のように鳴らされるピアノ。ポロンポロンではなく、ガッガッガッ、と。
アルバムが進むにしたがって内省的になるのがちょっといただけないが、

過剰なまでの甘ったるいコーラスワークに酔いしれろ!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。