プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖逆門 第35話 「私が格上」



妖怪とは、人の理解できぬモノ(または禁忌)に名前を付け一応の帰結を得ること。

たとえば目眩であるとか、酸欠
たとえば間引きであるとか、姥捨て
たとえば治水であるとか、製鉄

妖怪と人間は仲良くできないのではなく、
妖怪は人間が意識しないと存在できないもの。

焔斬は山火事か、製鉄技術をもったまつろわぬ渡来人か、零落した天目一箇神か。

私はこう思ってますけど、焔斬さん。

てゆーかお前妖怪のくせに注連縄身に付けてんじゃねぇ!
スポンサーサイト

テーマ:週間少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

私も妖怪の起源はそんなもんだと思います。なので私の周囲でも新たな妖怪が生まれてます
妖怪ボールペン隠し
妖怪単勝買ったら2着で複勝買ったら4着
妖怪ボーナス入ると車がトラブる


「でろでろ」のコンセプトもこんな感じですよね
【2006/11/19 09:34】 URL | D #- [ 編集]


買ってきた本がちょっとだけ破れる妖怪を何とかしたいです。
「妖怪ボールペンのインク溜まり」も。

夜の明るい現代では妖怪がどんどんいなくなってきている。

て話を聞いたことがあります。
そんな考え方をすると「でろでろ」は妖怪というものを再発見できるわけで
妖怪業界にとって意義のある漫画なのかもしれませんね。
【2006/11/20 01:47】 URL | ひばり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。