プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUNGLE JUICE!
まずはじめに

画面がごちゃごちゃして見にくい

でもこれは漫画が下手であるとか、画面構成が下手であるとかじゃない
週刊漫画誌の紙質と印刷を把握しきれなかったイージーミス

カラーページとモノクロページを交互に見てみたり
GXの新暗行御史と見比べてみると分かると思う。

印刷過程による線やベタや濃い目トーンの劣化、雑誌の紙質も考えないといけないのか…
最高の原稿が、そのまま最高の状態で掲載されるとは限らない訳か…

難儀な!


蜻蛉が凶暴って、あんまり考えないよね。

夏の終りの涼しさと
秋の始まり緩やかな
夕焼け日暮れの茜空

すすき野原の波間を跳ねる
蜻蛉の群れが胸をうつ

ハグロトンボがふわふわと
真昼の庭を彷徨えば

彼岸に帰るあの人と
過ぎた故人を偲びます

確かに勝ち虫とも呼ばれるし、本多忠勝の長槍は「蜻蛉切り」だし
強力な顎を持つ肉食昆虫だし、メスを拘束して連れ回す鬼畜昆虫ですけどね。




正式にはミイデラゴミムシ、韓国ではなんて呼ばれてるんだろう?

ケビン兄さんは同じ昆虫人間しか食べてませんが、リリーさんは一般人に迷惑かけてます

この差は大きい


「アイランド」と「死霊狩(原作は平井和正)」も面白いですよ
(前者は終盤反日感情丸出しになりますが)。
スポンサーサイト

テーマ:週間少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この漫画を最早「漫画として楽しめない自分」に気づきました。
「反日パクリ作家のクセに…」という先入観が強すぎて…。日本人が嫌いなら日本の雑誌に描くんじゃない!!

娯楽を娯楽として楽しめないのは損だとはわかってるんですけどね。

死霊狩…出版年月日を見ると驚きますね。ウルフガイシリーズも好きです。
でも、ウルフガイも8マンも幻魔も、平井原作のコミックはどれもイマイチな気がしてしまいます…。死霊の女王とかも大好きなんですけど、コミックになってないなぁ。
【2007/03/12 14:32】 URL | nanasi #- [ 編集]


私は逆に「アイランド」で免疫が出来ました。
(日本的な)漫画表現が広まった今はこんな漫画もあり得るわけか、と。

どうしてもムカツク表現はあります

けれどそれは国や地域に関係なく、作家の人格によるものでしょう。
(才能のある人はギトギトのイデオロギーすら魅力の一つにしてしまうモノだと思います)

>平井原作のコミックはどれもイマイチな気が
むしろ小説原作で成功した漫画ってどれくらいあるんでしょうね。
「皇国の守護者」は最近の大成功かな?
【2007/03/15 01:50】 URL | ひばり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。