プロフィール

ひばり

Author:ひばり
漫画と音楽とオカルトが好き
漫画はチャンピオン
音楽はカントリー
オカルトは3mの宇宙人
が特に好き

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ひばりのおもちゃ
漫画と音楽とオカルト(7:2:1)が好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮野ともちか- ゆびさきミルクティー -


…なんか変な絵になったな。

肌色ソーダ水を読んだとき、

これまた強力な眼鏡漫画家が現れたものだ

と思った。
その後はご存じの通り、立派に稀代の真性変態漫画家となりました。
変態志向は万全の出来、女装近親薔薇百合倒錯何でも御座れ。

女装漫画と油断してたら、エライ目に遭います。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

やぶうち優 - アニコン -


ないしょのつぼみには食指が動かなかったのよね。

んで、ちゅちゅ連載作アニコンの単行本化を待ち望んでおりました。(少女少年好きとして)

オタクであることを除けば完璧な兄、兄がオタクであることを周囲に知られたくない妹。
境遇を同じくした姉弟、4人の物語。

オタクである事で感じる世間からの引け目、それに留まらない秘密。

やっぱりやぶうち先生の漫画は面白いですね。(少女少年しか読んだこと無いけど)
なーんか物足りないですね。(少女少年しか読んだこと無いです)
劇的な、面白い展開はないですかね(少女少年しか読んだこと無いですよ?)

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

KILL BILL


KILL BILLを今更ながらに見ていて自分の嗜好が判明。

素敵な悪役キャラはみんな大好きだと思うんだけど、
自分にとってそうゆーキャラに求めるものは

無意味な自信と不敵な笑み

だと気付いた。
どんなに不利な状況に追い込まれようとも、

ニヤリ

そんな悪役キャラが大好きだ。

クエンティン・タランティーノの日本描写がいい。
デフォルメされた日本観なんだけど、変な勘違いがない。
日本の雰囲気をケレンミたっぷりにデフォルメしてて嫌みなところがない。

すんげー微妙な日本語もいい、緊張感に重なる脱力感。カッコイイ!
でも、ちっちゃい頃は可愛いオーレン・イシイがルーシー・リューになるのだけは納得できない。

DVDを取りやすいトールケースに、地味に感動。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

倉島圭 - 24のひとみ -
センスの良いデザインだよなぁ。(チャンピオンはホントどうしたんだろ)
表紙からしてトーンを抑えた色遣い。

ページをめくると文庫調の
   
   24
   の
   ひ
   と
   み
   
チャンピオンのシンボルマークと倉島圭シンボルの髑髏を絡ませるセンスもイイ!

単行本サイズで見ると線がシャープだ。単行本向きの絵柄?
上下左右にしっかりと残した空白がまた心地いいんだ。

でも一気に読むのはつらい。密度がすげえ濃い。

単行本ではSGですか…、ひとみ先生はギブソンが好きなのかな?
(ヤマハのような気もするし、アイバニーズのような気もするのだけれど)



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

原体験(Dさんへ)


>あ、ヤドカリくんの感想していただければ小野マンガ収集家として、
>本文より長いコメントが付きますよ。っていっても、
>メガネと憎めない悪役と曲線多用の独特なメカと妊婦しか言うことはありませんが。

小野マンガ収集家、…厄いわね。

自分の記憶をたどってみると、この作品こそが私のメガネ原体験なのかも。
バーコードファイターと違って、強烈なインパクトを残したわけではないのですが、
初めてフッコちゃんを見たとき、「メガネが足りない」という展開を見たとき
なにかしら、モニョっとしたものが胸の奥でうずいた憶えがあります。

今思えば、あれこそが「萌え」って奴だったのかもしれません。
その感情は、ヤドカリくんの復刊までつっかえていた記憶の棘でした。
しかし、それがポロっと取れたような気分です。メガネ最高!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

リベリオン 反逆者
かかか、かっこよすぎる。
犬カワイイ

銃殺される動物(犬)、クゥ~ンペロペロ

「えっと、この犬は私が持って帰りますので…」

(何を言っているんだこのクラリックは)

「検査しないとね、伝染病持ってたら大変だもんね!」


ストーリーは華氏451まんまです。管理社会モノの原点ですし

未来都市に降る雨、虹。粛清の残り火燃え立つ廃墟。
いくら美術を、芸術を破壊しようとも、自然そのものが美しき芸術作品なのだ。
ってことに思い至る人どれだけいるのかなぁ?。この表現は上手かった。

ガン=カタがもう格好良すぎ、ハッタリ感が少年マンガっぽくてgood!!
銃と中国拳法の融合、そこへ歌舞伎の見得、時代劇の殺陣の演出をプラス。素晴らしいです。
こんな映像を作りたい日本人漫画家・アニメーター、またその予備軍、一般オタクは多くいたはずだ。
自分も頭の中で、日本刀を持った少女とゴツイ男との殺陣を妄想しますよ。
でもそれを落とすことが出来ない。そんな技術持ってないですから。ああ悲しい。

漢ならコレ見とけ映画
ブレイド、デスペラード、そしてリベリオン追加!!

個人的には
ガタカ(友情・努力・勝利)、ヘルボーイ(自分の感性にぴったりハマった)、インタビューウィズバンパイア(レスタト様最高)、ギャラクシー・クエストも好き。

帝都物語、帝都大戦、修羅雪姫、バトルフィールド・アース、…は別に見なくても良いです。
人によってはがっくりきます、とくにバトルフィールド・アース。ラジー賞総ナメですから

追記
動く「ヒロシ参上」が見たいのなら、帝都物語を見てください。みどろ好きはあえて止めません。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

小野敏洋 - バーコードファイター -


「男なんや!!!わい、男の桜ちゃんが好きなんや」

二十代半ばの人間として、これを挙げないわけにはいかないでしょう。

「バーコードファイター」

復刊したので手に入りやすいと思います。
小野敏洋の変態性が幼年誌にて爆発した作品。

当時、コロコロ読者の少年に強烈なトラウマを残してくれました。

でもね、今現在最期の告白部分を読んでみるとね。
真っ当な、純粋な愛の告白だと気づくわけですよ。
性同一性障害について真正面から真面目に取り組んだ作品といっても良いのでは?

「男でもかめへんやないか!!桜ちゃんは今のままで十分女らしいで!!」
「なにも、ゲームの世界に逃避することあらへん!
「もっと自分に自信を持って堂々と現実を生きればええやんか!!」
「そりゃ桜ちゃんの人間的な魅力がわからんアホタレはいっぱいおるかもしれん!」
「でも、」
「そんな連中のために自分の人生をダメにするなんて……、悲しいやないか!」
「桜ちゃん……。」
「現実へもどろう……、桜ちゃん。」

「ありがとう、改くん……。」

長々と引用しましたが、この台詞が非常によいのです。
こっちの台詞が使われる事って無いんだよなぁ。やっぱインパクトがないからかな。

途中途中でも自分が男だって事に悩む桜、そのままでいいという烈。
クラスメイトの男子からのバッシングと、それをかばう女子勢。
男に一目惚れしてしまった改の悩み。

ここら辺に注目しながら再び読んでみるのも良いかと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

つだみきよ - プリンセス・プリンセス -


男女問わず読まれる少女漫画というものがある。
カレカノやのだめカンタービレ等々。
そのような漫画に共通するのが細かいギャグの上手さだと思います。
さすがアニメ化するだけあって面白い。

女装漫画ということで購入。
やおい要素はほとんど無いです、作者が意図的に外しているとのこと。
しかし、男はやおいネタに嫌悪感を抱いても同性愛ネタは大好きなんです。
誰しも中学生位の時に、サムソンを薔薇族を読んでみて

「うひぇぁぁあああ~」

と叫んだはずですよね?

中々に面白いです。
特に可愛い服飾を考えるのが趣味な名田庄が良い感じで好きです。
女装漫画としては微妙、奇特な男子高校生の群像ドラマかな。

…一応言っとくが、俺は腐男子じゃねぇからな!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

三家本礼 - 巨乳ドラゴン -


ゾンビ屋れい子で言わずとしれた三家本礼の問題作

ストリッパー達が、突如現れたゾンビの群れに立ち向かう。

そんだけの漫画。でもこの人の少年漫画のノリでホラーをやるという作風大好き。

最後に、この漫画の単行本が講談社からでなかった理由。
第3話における首切り描写に、ある団体から難癖つけられたからだそうです。


ザッッけんじゃねぇよ!!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

尾玉なみえ - スパルたかし -


ロマンティック食堂
アイドル地獄変
少年エスパーねじめ

と既刊ありますが、今手元にあったのがスパルたかしだったので。

コント系ギャグマンガ。キャラクターが違うだけで(一部スターシステム有)全部一緒。

下ネタもガンガンこなします。というかだいたいが下ネタです。
作者はおしり大好きみたいです。男のプリケツが大好きみたいです。
のりおはこの人を目指しているんじゃないかと思います。

「ちゃんと固くて太くて長いの出せよ!!!」
「わし かぶってないわ、手術してズルむけじゃボケー」
「こづかれてる、俺のおっぱい!!!」
「アタイ なんだか濡れてきた」

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。